スポンサーリンク




奈良観光お勧めスポット興福寺の五重塔

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


興福寺の見どころは?

興福寺の見どころは、なんと言っても高さ50.1mをほこる五重塔東金堂(とうこんどう)、興福寺で最古の建物 三重塔です。

また、東金堂内の本尊 薬師如来像、日光・月光菩薩像、四天王像、十二神将像は必見の価値があります。

その五重塔や東金堂、三重塔は見ていると雅な歴史を感じることができると思います。

当時の建築の技術の高さに、目を見張るばかりです。

奈良観光お勧めスポット興福寺の五重塔

 

興福寺は誰に、いつ建てられた?

東金堂は、726年(神亀3年)に聖武天皇(しょうむ)が叔母 元正太上天皇(げんしょう)の病気全快を願って建てられました。

残念ながら現在の東金堂は何度かの被災により1415年(応永22年)に建てられなおされたものです。

東金堂内には本尊薬師如来像、日光・月光菩薩像、四天王像、十二神将像などなど安置されていますので、拝観されることをお勧めです。

東金堂のとなりには、五重塔がそびえ立っています。

五重塔は、730年(天平2年)に興福寺の創建者 藤原不比等(ふひと)の娘 光明皇后(こうみょう)が建てました。

こちらも残念ながら被災に会い、1426年(応永33年)再建されました。

高さ50.1mはなかなかの迫力があります。

五重塔の四方には薬師三尊像、釈迦三尊像、阿弥陀三尊像、弥勒三尊像が安置されています。

奈良観光お勧めスポット興福寺の五重塔

興福寺境内の少し離れた下のところに三重塔があります。

三重塔(国宝)は興福寺で最古の建物で、鎌倉時代(1180年治承4年)に建てられました。

高さは19.1mで、初層は正方形で4.8m。

三重塔内には、弁才天像と十五童子像が安置されています。

奈良観光お勧めスポット興福寺の五重塔

 

料金・アクセス

 

拝観料は、大人 300円、学生は200円、子供(小学生)は100円です。

アクセスはこちら↓

 

 

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


[スポンサーリンク]



こんな記事も読まれています♪

コメントを残す