スポンサーリンク




奈良お勧め観光スポット 薬師寺

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


薬師寺はいつ誰に建てられた?

奈良お勧め観光スポット 薬師寺 西塔

薬師寺は、680年 天武天皇の発願により建立が開始され、697年 持統天皇によって本尊開眼されました。

710年 平城遷都に伴い現在地の土地に移されました。

当時は、『龍宮造り』と呼ばれ見る人の心を奪うほど綺麗だったそうです。

1528年 享禄元年の兵火で東塔をのぞく建物が焼失してしまいました。

1967年(昭和42年)に復興が発願され、中門、金堂、西塔、回廊、2003年(平成15年)に大講堂が復興されました。

現在は、ユネスコの世界遺産に登録されています。

薬師寺にはどんな建物がある?

薬師寺の境内には、中門、金堂、西塔、東塔、東院堂、大講堂があります。

南門をくぐると中門があり、その正面に金堂が建っております。

その金堂の正面左手にあるのが西塔。

右手にあるのが東塔です。

さらに、金堂の後ろに建っているのが大講堂です。

それら建物を囲むように建っているのが回廊になります。

 

薬師寺の見どころは?

薬師寺の見どころは、金堂、大講堂、西塔、東塔と言った歴史的建造物と、その中に祀られている仏様の数々です。

金堂

奈良お勧め観光スポット 薬師寺

金堂は薬師寺は二重二閣、五間四面、瓦葺の建物で各層に裳階(もごし)を付けた堂で、龍宮作りと言われています。

当時は、『堂内の荘厳は美をつくし、燈火がなくても金色に光り輝いた』と伝えられています。

金堂には、薬師如来を中心に、向かって右が日光菩薩、左が月光菩薩、あわせて薬師三尊と言います。

薬師如来は、私たちの身と心の病気を救ってくださる仏様です。

大講堂

奈良お勧め観光スポット 薬師寺 大講堂

大講堂は、正面41メートル、奥行き 20メートル、高さが17メートルあります。

通常、金堂より大講堂の方が建物が大きくなっております。

これは、講堂が経典などを講ずる場で、多くの学僧が集まった為です。

大講堂の本尊は、弥勒三尊菩薩が祀られています。

西塔

奈良お勧め観光スポット 薬師寺 西塔

西塔は、享禄元年に兵火で焼失、昭和56年4月に453年ぶりに復興されました。

鮮やかな色使いで平城京の華やかさが伺えます。

中門

奈良お勧め観光スポット 薬師寺 中門 二天王像

中門は、昭和59年(1984)に西塔に引き続き復興されました。

また、平成3年(1991)には左右の二天王像も復興されております。

この薬師寺の仁王像は、裸形の仁王像ではなく、武装した二天王像であるのが特徴で、中門の発掘調査で判明し現在の立像となっています。

 

 

ご朱印

最後に朱印を頂きました。

奈良お勧め観光スポット 薬師寺 ご朱印

 

料金・アクセス

拝観料は、大人 ¥1,100円、高校生・中学生は¥700円、小学生 ¥300円。

駐車場は、普通乗用車 ¥500円(1回)

 

 

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


[スポンサーリンク]



その他のお勧めスポット

コメントを残す