スポンサーリンク




奈良お勧め観光スポット 日本の最初のお寺『飛鳥寺』

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


飛鳥寺はいつ、誰が建てた?

奈良お勧め観光スポット 日本の最初のお寺『飛鳥寺』

飛鳥寺は、588年蘇我馬子が発願し、596年に創建されました。

昭和31年の発掘調査では、創建時の寺は塔を中心に東西と北にそれぞれ金堂を配置し、講堂を含む壮大な建物であったことが分かりました。

また、その大きさも東西に200メートル、南北に300メートルととても大きかったようです。

ご本尊『飛鳥大仏(釈迦如来坐像)』は609年 推古天皇が仏師 鞍作鳥(くらつくり の とり)に作らせた日本最古の仏像です。

飛鳥寺の見どころは?

奈良お勧め観光スポット 日本の最初のお寺『飛鳥寺』

飛鳥寺の見どころは、本堂、思惟殿、日本最古の本尊『飛鳥大仏(釈迦如来坐像)』、聖徳太子孝養像、阿弥陀如来坐像と蘇我入鹿の首塚です。

また、飛鳥寺は、新西国第9番、聖徳太子第11番霊場でもあります。

 

飛鳥寺にはどんな仏像や建物がある?

飛鳥大仏(釈迦如来坐像)

奈良お勧め観光スポット 日本の最初のお寺『飛鳥寺』

飛鳥大仏(釈迦如来坐像)は重要文化財に指定された日本最古の仏像です。

飛鳥大仏は、聖徳太子や蘇我馬子らにより発願され、609年 推古天皇が仏師 鞍作鳥(くらつくり の とり)に作らせました。

高さは3メートル、当時は銅が15トン、黄金が30キロを用いて作られていました。

 

阿弥陀如来坐像

奈良お勧め観光スポット 日本の最初のお寺『飛鳥寺』

中央の飛鳥大仏の向かって右手に坐してられるのが阿弥陀如来坐像です。 木造つくりで藤原時代に作られました。

尚、飛鳥寺はカメラで仏像の写真撮影が許可されています。

 

聖徳太子孝養像

奈良お勧め観光スポット 日本の最初のお寺『飛鳥寺』

この像は室町時代に造られた聖徳太子のお姿です。

聖徳太子が16歳の時、父である用明天皇の病気回復を祈願されている姿と言われています。

奈良には聖徳太子ゆかりの地が多々あり、飛鳥寺から少し離れた橘寺もその一つで、聖徳太子によって創建されております。

 

蘇我入鹿の首塚

奈良お勧め観光スポット 日本の最初のお寺『飛鳥寺』

蘇我氏の氏寺である飛鳥寺のすぐ裏にひっそりと立つ蘇我入鹿の首塚(供養塔)です。

ここは昔、蘇我氏の立派なお屋敷があったところで、現在は田んぼになっています。

大化の改新で中大兄皇子と中臣鎌足により首を切られた蘇我入鹿の首は、数百メートルも離れたこの場所まで飛んで来たと言い伝えられています。

 

ご朱印

最後に朱印を頂きました。

奈良お勧め観光スポット 日本の最初のお寺『飛鳥寺』のご朱印

 

料金・アクセス

 

拝観料は、大人 ¥350円/人、高校・中学生 ¥250円/人、小学生 ¥200

駐車場は、無料。

 

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


[スポンサーリンク]




その他のお勧めスポット

コメントを残す