スポンサーリンク




西國三十三所 8番札所 長谷寺の駐車場の料金とアクセス

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


長谷寺の廊下(登廊 のぼりろう)

西國三十三所 8番札所 長谷寺の駐車場の料金と長谷寺までのアクセスをご紹介。

長谷寺はお花が綺麗なお寺としても有名で、春は桜、牡丹(ぼたん)、紫陽花(あじさい)、秋には紅葉を楽しむことができ、多くの参拝客でにぎわっています。

また、拝観料がお安くなる秘密の情報も掲載!!

ご朱印の画像も掲載しておりますのでぜひご覧ください。

 

西國三十三所 8番札所 長谷寺の駐車場の料金とアクセス

 

さくら、ぼたん、あじさい、もみじなどお花が綺麗で有名な長谷寺への参拝される方のアクセス方法です。

電車で行かれる方は、

近鉄 大阪線 長谷寺駅下車、徒歩で20分で長谷寺に到着です♪

近鉄 大阪難波駅から電車で約1時間30分。

料金は、大人750円です。

 

大阪方面から車で行かれる方は、

 

南阪奈道路をとおり、葛城ICで降ります。

そこからは165号線沿いに真っ直ぐに長谷寺へ走ります。

長谷寺へ 車の大阪市内からのルート

 

和歌山市内からは、

京奈和自動車道がお得!

なぜなら現在は京奈和自動車道 岩出根来ICから橿原高田ICまで無料

で、このルートを走って行けばお得でしかも早い!

長谷寺へ 車の和歌山市内からのルート

 

名古屋方面から行かれる方は

東名阪自動車道をとおり、亀山ICで降りて県道38号線をとおるルートになります。

長谷寺へ 車の和歌山市内からのルート

 

長谷寺には無料の駐車場がありませんので、近くの有料駐車場を利用します。

料金は、1回あたり500円です。

 

こちらが12時間で500円↓

長谷寺の有料駐車場

 

こちらが私のオススメの1回あたり500円↓ 

長谷寺の有料駐車場

 

この駐車場から歩いて3分で長谷寺に到着です。

長谷寺へ続き道沿いには作り立ての草餅が売られていて、とても美味しいです♪

長谷寺の草餅

 

写真の突き当りが長谷寺です。

長谷寺へ続く道

 

拝観料は、大人500円、 小人250円です。

長谷寺の電話番号は、0744-47-7001。

ここで拝観料がお安くなるとっておきの秘密の情報をお教え致します!

それは、JAFに加入している方は会員証を提示しましょう!

 

なぜならJAF会員の方は拝観料 ¥50円引になります。

 

春は桜、牡丹、紫陽花、秋には紅葉を楽しむことができる長谷寺の境内の様子

 

長谷寺の桜や牡丹(ぼたん)、紫陽花(あじさい)が綺麗なことでも有名で一年を通じて多くの参拝客が訪れています。

また、秋には紅葉も色鮮やかで見る人に感動を与えてくれます。

さらに、境内の雰囲気も最高で、写真のような廊下(登廊 のぼりろう と言います)が本堂まで続きます。

 

この登廊は、平安時代 長歴三年(1039年)に春日大社の社司 中臣信清が子の病気平癒の御礼に造ったもので、百八間、三九九段、上中下の三廊に分かれています。

 

長谷寺の廊下(登廊 のぼりろう)

 

長谷寺の廊下(登廊 のぼりろう)

 

長谷寺の廊下(登廊 のぼりろう)

 

長谷寺の廊下(登廊 のぼりろう)

 

長谷寺の本堂からの眺めです↓

本堂からの眺めは最高

 

本堂からの眺めは最高

 

 

長谷寺の本堂や仁王門、五重塔

 

長谷寺の玄関である仁王門です↓

長谷寺の玄関である仁王門

 

長谷寺の玄関である仁王門

 

両脇には仁王立像があります。

長谷寺の仁王立像

 

長谷寺の仁王立像

 

また、仁王門の正面の額字は後陽成天皇の直筆です。

長谷寺 仁王門の正面の額字は後陽成天皇の直筆

 

仁王門をくぐり、さきほどの登廊の階段を上がって行くと本堂につきます。

これが長谷寺の本堂です↓

長谷寺の本堂

 

長谷寺の本堂

 

また本堂に向かって右側には五重塔が立っています。

昭和29年に建てられた五重塔で、周りの山々にとけ込みだ情緒ある五重塔です。

 

長谷寺の五重塔

 

お参りの最後にご朱印も頂きました。

 

長谷寺のご朱印

 

 

西国三十三所番外札所 長谷寺 法起院もぜひお参りしましょう!

 

長谷寺へお参りをした後は、ぜひ法起院にもお参りをさせて頂きましょう。

 

長谷寺 法起院

 

法起院は、西国三十三所番外札所で、西国三十三所を開いた徳道上人(とくどうしょうにん)をお祀りしています。

法起院は駐車場のすぐ近くにあり歩いて5分程度のところにあります。

法起院のご朱印もいただくことができます。

長谷寺 法起院のご朱印

 

 

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


[スポンサーリンク]



その他のお勧めスポット

コメントを残す