スポンサーリンク




京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


三十三間堂はいつ、誰が建てた?

 

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

三十三間堂は、平安時代後期、後白河上皇が自身の職住兼備の『法住寺殿(ほうじゅうじどの)』と呼ぶ院御所内に、平清盛の協力によって創建されました。

残念ながら、 お堂は建長元年(1249年)、火災により焼失、現在の建物は文永3年(1266年)に再建されました。

三十三間堂の見どころは?

 

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

三十三間堂の見所は、地上16メートル、奥行き22メートル、南北120メートルの入母屋造り本瓦葺きの本堂と、三十三間堂内にある1001体の千手観音像はお勧めの見どころです。

 

さらに、中央には巨大な十一面千手観音坐像が祀られております。

三十三間堂内は写真撮影が不可ですから、公式パンフレットをご覧ください。

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

それらには金箔が施され、千体もの立像が並ぶ光景は圧巻です。

一度にこれだけの観音像を見ることは他ではできません!

ぜひ参拝されることをお勧め致します。

また、江戸時代初期には、三十三間堂の長い120メートルもの縁を利用して、弓で射通し、その矢数を競い合いました。

これが『通し矢(とおしや)』と呼ばれるもので、当時は人気を博しました。

現在でも、天井には当時の矢が刺さったままで残っております。

 

 天井には当時の矢が刺さったまま↓

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

三十三間堂にはどんな建物がある?

 

三十三間堂の外観です↓

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

京都お勧め 三十三間堂の通し矢、拝観料、見どころをご紹介

 

三十三間堂は、正式名は、『蓮華王院』で、その本堂が『三十三間堂』と広く呼ばれるようになりました。

この『三十三』という数は、観音菩薩の変化身三十三身を表しています。

また、南北にのびるお堂内の柱間も33あることから三十三間堂と呼ばれております。

外装は朱色に塗られ、堂内は、花や雲文様の極彩色で飾られたといい、今も天井の見ると、柱などにそのわずかにその名残を伺えます。

三十三間堂内の立像は中央の十一面千手観音坐像を挟んで、左右に500体ずつ配置されています。

うち、124体は平安時代に作られており、残りの800体は鎌倉時代の物です。

最後にご朱印を頂きました。

三十三間堂のご朱印

 

三十三間堂へのアクセス

 

拝観料は、

大人 ¥600円、

高校中学 ¥400円、

子供¥300円

です。

 

これが三十三間堂の拝観券です↓

三十三間堂の拝観料

 

三十三間堂には無料の駐車場があります。 </ br> ただし、時間は一家族様40分までです。

三十三間堂の駐車場

 

三十三間堂の駐車場

 

三十三間堂へのアクセスはこちら↓

 

 

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


[スポンサーリンク]



その他のお勧めスポット

コメントを残す