西國三十三所 7番札所 厄除け参り『岡寺』

岡寺はいつ、誰が建てた? 鎌倉時代から現在まで『厄除け参り』で多くの参拝客でにぎわう

奈良お勧め観光スポット 厄除け参り『岡寺』

岡寺は663年、草壁皇子(くさかべのみこ)がお住みになっていた岡の宮を仏教道場に改め、当時の仏教の指導者であった義淵僧正(ぎえんそうじょう)に与え創建されました。

「西國三十三所 7番札所 厄除け参り『岡寺』」の続きを読む…

西国三十三所 2番札所 紀三井寺の駐車場とランチ情報

紀三井寺 松本明慶先生の総金箔十一面千手観音立像大仏の写真

紀三井寺』は、和歌山市内にある宝亀元年 770年に唐僧・為光上人によって開かれたお寺です。

 この紀三井寺とは、紀州にある、三つの井戸が有るお寺という意味で名付けられたといわれています。

今も境内には、清浄水(しょうじょうすい)、楊柳水(ようりゅうすい)、吉祥水(きっしょうすい)の三つの井戸があり、清水が湧き出しており、年中絶えることがありません。 

また、これらの井戸の水は昭和60年3月、環境庁より日本名水百選にも選ばれました。

 「紀三井寺」は、西国三十三所観音霊場第2番目の札所でもあります。

 

 ご本尊 十一面観世音菩薩様は、厄除・開運・良縁成就・安産・子授けにご霊験あらたかとされています。

 

Kimiidera was built in 770 by Iko who is high priest. Kimiidera means three water wells which are Shozyou-sui, Youryu-sui and Gissho-sui. Currently three water wells have been existing into temple. They continue to bubble clear water and never stop it during a year. Their water was chosen one hundred exquisite waters of Japan in 1985. Kimiidera is second holy temple of 33 points for a circuit. This temple is dedicated to statue of the Eleven-faced Kannon Bosatsu for charm against bad luck, good-luck, a good match, easy labor and pregnant.

「西国三十三所 2番札所 紀三井寺の駐車場とランチ情報」の続きを読む…