スポンサードリンク




名古屋港水族館の大迫力 シャチと館内で食事をするならココだ!

名古屋港水族館はと言えばやはり有名なのはシャチシロイルカベルーガ)ですね。
多くの方がシャチを見に名古屋港水族館に行かれているようです。
というのも日本でシャチを見れるのは、鴨川シーワールドとこの名古屋港水族館だけなんです。
以前は南紀白浜アドベンチャーワールドにもシャチがいましたが残念ながら亡くなりましたね。
イルカショーも素晴らしいですが、シャチは大きい体で泳ぐ姿に大迫力があり、見ている人に衝撃を与えてくれます。
そこで、今回は、名古屋港水族館のシャチやシロイルカ(ベルーガ)などの紹介から、館内の食事をご紹介致します。
名古屋港水族館の大迫力 シャチ

名古屋港水族館のシャチ

シャチが3匹もいるだけあって、シャチが泳いでいる水槽はめちゃくちゃ大きいです。
それもそのはず、名古屋港水族館は日本最大の延床面積を誇る水族館なんです。
その巨大な水槽の前には、腰を下ろす場所が広がっていて、シャチをゆっくり見れる席が広がっています。
名古屋港水族館の大迫力 シャチ

名古屋港水族館の大迫力 シャチ

名古屋港水族館では、シャチの「ショー」とは呼ばず、「公開トレーニング」と呼んでいます。

 

名古屋港水族館のシロイルカ(ベルーガ)

名古屋港水族館には、シャチ以外に沢山の可愛い動物や魚が居ますが中でもシロイルカ(ベルーガ)が大人気です♪
白い体に真ん丸の目、メロンと呼ばれる大きな頭が魅力でとても愛くるしいです。
このシロイルカもすぐそばで見ることができます。
飼育員の女性がシロイルカの鳴き声を聞かせてくれたりします。
かなり高い音なので耳が痛くなりますが聞きごたえいがあります。

名古屋港水族館のシロイルカ(ベルーガ)

名古屋港水族館のシロイルカ(ベルーガ)

名古屋港水族館のシロイルカ(ベルーガ)

 

名古屋港水族館の食事処

名古屋港水族館の食事処をご紹介致します。
名古屋港水族館には、食事をとれるところが2か所あります。
こちらは、南館3Fの軽食が食べれる「トータス」です。
どんぶりから麺類、ハンバーガーなどを食べることができます。
ちなみに、カツカレーが¥980円、からあげカレーが¥880円、しょうゆラーメン¥680円、みそカツ丼¥880円、シャークバーガー ¥980です。
名古屋港水族館の食事処 南館3Fにあるトータス

 

もう一ヶ所は、南館2Fのレストラン「アリハダ」です。
味噌ひれかつ膳や低アレルゲンカレー、シャークステーキを食べることができます。
あらびきビーフハンバーグ ¥1,180円、サーロインステーキ ¥1,680円、シャークステーキ ¥1,280円、ヒレカツカレー ¥1,480円、名古屋コーチン唐揚げカレー ¥1,580円と値段はちょっと高めです。南館3Fの「トータス」の方が安いです(^^♪

名古屋港水族館の食事処 南館2Fにあるレストラン「アリハダ」

 

南紀白浜アドベンチャーワールド『オルカショー』

残念ながら現在では公演はしていないのですが昔行っていたオルカショーをご紹介します。

なんで今頃って言う気もしますが記録を残すと言うことでご紹介。

イルカショーは多くの水族館で行っていると思うのですが、オルカショーともなれば珍しいと思います。

と言うかオルカショーをしていたのは日本でもここ南紀白浜アドベンチャーワールドだけではないでしょうか。

オルカ(シャチ)は雄が9.5mまで、雌が8mまで成長し、体重は雄が9トン、雌が4.5トンまで成長するそうです。

その大きな体を指導員と息の合った演技で観客たちを感動させてくれました。

オルカの体も白と黒のコントラストが綺麗で、イルカと同じくほんと賢い生き物だと感じました。

この賢いオルカの演技を今は見れないがほんと残念ですね。  南紀白浜アドベンチャーワールド『オルカショー』