スポンサードリンク




神倉神社はパワースポット 神倉神社の駐車場から石段まで解説

神倉神社はいつ、誰が建てた?

 

神倉神社はパワースポット 神倉神社の駐車場から石段まで解説

 

神倉神社は、熊野大神が熊野三山として祀られる以前に一番最初に神が降臨された聖地です。

神倉神社がまつられている神倉山(かみくらさん)は神が降臨する神体山として古くから崇められてきました。

いつ、誰により祀られたかは不明です。

ただ、神倉神社より約1キロほど離れた熊野速玉大社には、お遷りになったのが、西暦182年(景行天皇五十八年)と言われています。

よってそれ以前から祀られていたことがお分かりになるかと思います。

お遷りになったことにより、神倉神社を『元宮』、熊野本宮大社を『新宮』とも呼びます。

「神倉神社はパワースポット 神倉神社の駐車場から石段まで解説」の続きを読む…

熊野速玉大社へのアクセスは? 駐車場は? ご朱印もご紹介♪

熊野速玉大社はいつ、誰が建てた?

 

熊野速玉大社へのアクセスは? 駐車場は? ご朱印もご紹介♪

 

熊野速玉大社は、もともとは現在の速玉大社から、1キロほど離れた場所にある神倉山の磐座に祀られていた神様です。

いつ頃から現在の地に祀られるようになったかと言うのは分かっておりませんが、西暦182年(景行天皇五十八年)に、現在の社地に真新しい宮を造営して、お遷りになり、『新宮』としたことが記録されています。

その為、神倉山にあった『元宮』に対して、現在の社殿を『新宮』とも呼びます。

「熊野速玉大社へのアクセスは? 駐車場は? ご朱印もご紹介♪」の続きを読む…