スポンサーリンク




関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


元和7年(1621)に初代藩主徳川頼宣が創建した社殿は、「関西の日光」とも呼ばれています。

左甚五郎による彫刻や、狩野探幽作のふすま絵は必見です。

 かつての時代が壮麗な絵馬となって迫ってきます。

「和歌の浦には名所がござる、一に権現」とうたわれたのが、紀州東照宮です。

古来、和歌浦随一の名所として、今も「権現さま」と仰がれ親しまれています。

もともとは東照大権現、日吉山王権現、摩陀羅の三座を奉祀し、東照大権現とは薬師瑠璃光如来が日本の神として顕現していたという神号であって、病気を平癒し、諸願一切を成就するという信仰がありました。

徳川家康公は、薬師瑠璃光如来の生まれ代わりであるという伝承により、正保2年(1645)、宮号の宣下によって東照大権現は東照宮と改められました。

 Kishu Toshogu was built by Tokugawa, Yorinobu who is first feudal lord in 1621. Kishu Toshogu is called “Kansai no Nikko”. You can see carving made by Hidari, Jingoro and sliding paper-door picture painted by Kano,Tanyu. You can feel glorious of the Edo era. There is a beauty spot is Kishu Toshogu. Kishu Toshogu is called “Gongen-sama” and got close. In 1645, the name of shrine was changed to Toshogu as Tokugawa, Ieyasu is a reincarnation of god “Yakushi-ruriko-ryorai(薬師瑠璃光如来)”.

関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

 

ご本殿は侍(さむらい)坂とよばれる一〇八段の石段の上にあります。

The Shinto shrine is on 108 steps of stone stairways which is called Samurai-saka.

関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

関西の日光と呼ばれる和歌山『紀州東照宮』

 

アクセスはこちら↓

Access 〒641-0024 和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1-20

駐車場あり:90分 300円

2-1-20 Wakaura Nishi, Wakayama city, Japan. Parking : 300YEN for 90 minutes

大きな地図で見る

 

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


[スポンサーリンク]



こんな記事も読まれています♪

コメントを残す