スポンサーリンク




和歌山市内にある江戸時代末期に建てられた大庄屋の住居『旧中筋家』

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


旧中筋家住宅は、熊野古道に面しており、江戸時代末期の大庄屋の建物です。

旧中筋家は和佐組の大庄屋で、現在の布施屋から四ヶ郷まで治めていたと言われています。

ちなみに、大庄屋とはいくつかの庄屋の上に立ち、それらの庄屋をまとめる地位で、その地位は庄屋でありながら、鉄砲や槍、刀なども持つことまで許されていました。

旧中筋家が建ったのは、1781年で現在残っている建物になったのは、1868年頃、土の竈(かまど)や大広間、長屋倉、茶室など当時の裕福な大庄屋の生活を見ることができます。

建物は3階建てで、使用人の部屋や女中部屋、当時の仕事場など今も残っております。

当時、使用人は30人にものぼったと言うのだから、その繁栄していたことを想像させてくれます。

Former Nakasuji residence which is facing Kumano old road “Kumano Kodou” was built for Edo Period(A.D.1781). Former Nakasuji family was “Daishoya”. The Daishoya is a leader of village headman of Wasa group for present regions which are from Hoshiya-cho to Shikago-cho. The Daishoya was allowed from Tokugawa government to have weapons such gun, pike and sword. Former Nakasuji residence was built in 1781 and continued to build until 1868. You can see various furnitures, facilities, life during Edo era such oven which was made by clod, large hall, warehouse, and tea house built during Edo Period. The former Nakasuji residence empitomize affluent during Edo era as Daishoya. The residence is three stories and there are rooms for menial and housekeeper. Moreover there are some workshops for Nakasuji family during Edo era. At that time there are thirty people for housekeeping. You can image their rich life.

 

旧中筋家の外観です。 Below picture is aspect of former Nakasuji residence.

和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

土間です。 Below picture is kitchen and dirt floor.

和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

井戸です。くみ出し口には、炭を入れて水をろ過していました。 Below picture is water well with filtration on faucet

和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

玄関です。ここで紀州藩士をお迎えしたそうです。 Below picture is entrance for welcome for Bushi of Kishu 和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

当時のトイレです。 Below photo is rest room for man and woman. 和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

中庭です。 とても綺麗です。 Below photo is patio. so beautiful. 和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

裏庭です。 Below photo is a backyard garden

和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

男性用トイレです。 Rest room for only man.

和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

大広間です。 This room is state room.

和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

お客様用のお風呂です。 This photo is bathroom for visitor. 和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

茶室もあります。 There is tea room dedicated.

和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

仕事場です。年貢などここで検査してたそうです。 This is workshop in house for inspection for tax. 和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

駕籠です。 この籠に花嫁が乗られたそうです。 This photo is palanquin for bride. 和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

右側が長屋蔵です。 House at right side is Nagayagura. Nagayagura is warehouse for rice. 和歌山 江戸時代末期の大庄屋の建物『旧中筋家』

 

アクセスはこちら↓ 和歌山インターチェンジを降りて東方面で、車で15分ぐらいのところにあります。 Former Nakasuji residence is located to east about 15 minutes by car from Wakayama Interchange.

大きな地図で見る

 

 

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


[スポンサーリンク]




その他のお勧めスポット

コメントを残す