スポンサーリンク




和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


養翠園は1818年、紀州徳川家第十代藩主徳川治宝候が造営されました。

10,000坪と雄大な敷地に、3,500坪からなる大小の池を中心しており、将軍家御庭師 山本某の作と伝えられています。

回遊式庭園(かいゆうしきていえん)で、舟遊式(しゅうゆうしき)の日本式庭園です。

実際、和歌浦に面しており、舟で藩主が遊びに来られたと言われています。

池の中心に島を作り、その島の中心には守護神を祀り、南方に太鼓橋を架します。

御茶屋「養翠亭」は数奇屋建ての構造で築後177年建つ別荘建築として旧地に旧状のまま残る全国的に珍しい建物です。

 Yousui-en was built by Tokugawa, Harutomi who was the tenth locallord of Kishu, Kishu is current Wakayama city. The land of Yosui-en is 33,057.85㎡. Further there are big ponds and small ponds consisting of 11,570.25 ㎡ in Yosui-en. This garden was designed and construction by Yamamoto who is yardman of Tokugawa tycoon. And This Yosui-en is circuit style garden and boating style. Actually This garden is facing sea “Wakaura” and locallord “Tokugawa, Harutomi” came here using boat. He made island into pond and enshrined guardian god into the island. You can go to guardian god using arched bridge “Taikobashi”. There is tea room “Chaya” in Yosui-en which was built 177 years ago. It is very rare villa architecture in Japan.

 

これが養翠園の入口です。This is ingate of Yosui-en.

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

 

養翠園は映画でもよく使われています。This Yosui-en was used by film.

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

 

これが太鼓橋です↓ This is the “Taikobashi”.

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

 

これが茶屋です↓ This is the tea room “Chaya”.

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

和歌山の観光スポット 日本庭園『養翠園(ようすいえん)』

 

アクセスはこちら↓

大きな地図で見る

 

入園料 : 大人 600円、子供 300円、駐車場アリ(無料) Admission : adult 600YEN child 300YEN, Parking free

 

Share on Facebook

LINEで送る
Pocket


[スポンサーリンク]



コメントを残す